プロフィール
まちづくり1000人会
まちづくり1000人会
和歌山市「まちづくり1000人会」には、「大好きなわが街、わかやまを元気にしたい!」という熱いハートをもった仲間が現在約200人集まっています。出会って、しゃべって、一緒に「まち」を考えて・・・。あなたも参加しませんか? 目標「1000人」! わいわい楽しく、ときには(?)真面目に「こんな和歌山、ええと思えへん?」を語りましょう。

一人の一歩がまちを変える
フィールドは常に現場

現在会員数 268人
まちづくり1000人会について

兄弟ブログもご覧ください!
まちなか交流スペース『みんなの学校』
まちなか交流スペース『みんなの学校』

「癒しの聖地」、「食の宝庫」、「近畿の宝石箱」、和歌山県のホットな情報をいち早くお伝えします。
~和歌山県広報リレーブログ~

お勧め、まちなかリンク!
和歌山ライブの歩き方
ぶらくりエンターテイメント
ぶらくり商店街

わかやまイベントボード

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年03月14日

高橋寛治が語るまちづくり(8)

みなさま おはようございます。しょうちゃんです。

「高橋寛治が語るまちづくり(8)」をお届けします。

昨夜、10月から続けてきた「まちなか再生WS」の今年度のスケジュールが終了しました。
「まちづくりの原点」に必要なのは「高い志」という高橋さんのエールと思います。

「司馬遼太郎」

作家であり、評論家、また独自の歴史観が広い支持を得ている司馬遼太郎さんの作品を読んでいると、
その端々から見えてくるのは美しい景色に対する憧憬と思える。
 特に盟友ともいえる画家の須田刻太さんとの『街道を行く』では、「美」に対する深い想いを胸に
抱きながら、待ち受けている現場から何回も落胆を繰り返され、私たちが信奉する近代の中で、
いかに過去の記憶を失ってきたかが浮かび上がってくる。

 先日、この『街道を行く』を書き始めて5年後、「シンポジウム 都市の復権」の中でテーマと
なっていた都市「大阪」に対する発言が目に留まった。古都と呼ばれる京都との比較が絶妙であり、
この対比が都市問題から景観価値の本質に流れているものと思えた。

 司馬さんは大阪に対して話の最後に「とにかく平凡でありますが、大阪と言うものは「われわれ
の都市」であり、すばらしい町にしようじゃないかという市民運動でも起こさなければみんなピント
こないのですね。
 ここに集まっていらっしゃる方の中に、市民がみんな思っているのだと考える人がいるなら、
これは迷信であります。絶対に思ってないんであります。

 少なくとも京都の、二千年の町に住む人には、街には秩序が大事だ、美観が大事だということを、
市民の隅々まで知っています。ところが、京都から十三里、大阪へ淀川を下ってきますと、ここでは
全く市民意識、都市意識が無くて、子供の時からここが自分の都市だと思ったこともない」(後略)
とたたみ掛けて美の根底に「自分たちの町」という意識の必要であり、大阪人の欠如を嘆いています。

 この大阪の話になると大阪ガスの会長で、大阪商工会議所の会頭であった大西正文さんが「都市格
について」という短編を文芸春秋に書かれて話題を呼んだことがあった。
 人には「人格」があるように都市にも「都市格」と言うものがある。志を高く持ちたい。志とは
「都市格」を高めること。この都市格は一つの要素ではなく、経済力をはじめ、文化、景観、市民意識
などいろいろな要素から構成され、それぞれのレベルをトータルした概念であると述べていた。

 あれから20年近くなる、大阪も大阪から一時間の和歌山も美しくなったのであろうか。
「自分たちの町」をどのように変わって来ているか。景観は「志」から始まるものといえる。


Posted by しょうちゃん at 06:16│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。